word-176 遊離脂肪酸

脂肪酸が複数結びついた状態から分解され、分子構造が細かくなった脂肪酸のことを言います。
遊離脂肪酸は酸化されエネルギーに変換されやすい性質を持っているため、人体は体脂肪を燃焼する前にまず、遊離脂肪酸にしてから血中に溶出させます。
血中の遊離脂肪酸は、運動などで消費される事が無いと再び通常の体脂肪に戻ることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました