word-168 ケルセチン

ケルセチンとは、フリーラジカルと戦うために身体が使用する抗酸化物質のことをいいます。
肥満細胞の膜を安定化するのに役立ち、アレルギーの症状を軽減することができます。
ケルセチンはポリフェノールの中でも特に脂肪吸収抑制効果が強く、肝臓での脂肪代謝を高めて、脂肪燃焼をアップする黄色の色素成分があるので、消化管で脂肪と結合することにより、脂肪の吸収を抑制します。
体内の脂肪を排出する働きを助けるため、ダイエットのサポート効果もあります。

コメント

Copied title and URL