word-164 L-カルニチン

L-カルニチンは肝臓や腎臓でつくられるアミノ酸の一種です。
脂肪を細胞内のミトコンドリアに送り込んで燃焼させる効果があります。
L-カルニチンはもともと体内で作られる物質なのですが、20代をピークにして生成量は減少していきます。
L-カルニチンが不足すると、体脂肪が減らない、ダイエットしにくい体になってしまいます。
L-カルニチンをサプリメントなどで効果的に摂取することで、脂肪が燃えやすい体をつくり、健康的なダイエットをサポートしてくれます。

ダイエット関連: 用語集

コメント

Copied title and URL