word-161 イヌリン

イヌリンは、キク芋やチコリ、ゴボウ、タンポポなどの根の部分に多く含まれている食物繊維の一種で、イヌリンを摂取すると腸内でフラクトオリゴ糖に変わり、善玉菌を増殖させる働きがあります。
イヌリンは人間の酵素では消化して吸収することができない糖質で、主な効果としては、肝臓への負担を減らして血糖値を下げる効果があります。
イヌリンの効果や作用からダイエットにも使われ、こういったダイエットを低インシュリンダイエットといいます。
また、老廃物などが腸の中に留まる時間を短くして排便を促すので便秘の予防にも効果があります。
キク科の植物の根に、この食物繊維が多く含まれており、キク科の主な植物は菊芋やゴボウ、タンポポ、チコリ、アザミなどがあります。

参照:
低インシュリンダイエット

コメント

タイトルとURLをコピーしました