word-141 メタボリック症候群

内臓脂肪の蓄積が主な原因で、狭心症、急性心筋梗塞、脳梗塞などの生命に関わる心血管疾患発症の増加をさします。
これらの人々をメタボリック症候群と呼ばれていますが、腹囲の基準に加えて、高脂血症、糖尿病、高血圧のうち2つ以上に該当するとメタボリック症候群と診断されます。

内臓脂肪を最速で減らす
  2018年4月にテレビで紹介されました

肉中心の食生活をしてきた欧米人と比べ、魚中心だった日本人は摂取した脂肪を皮下脂肪としてたくわえる能力が低く、より危険な内臓脂肪の形で蓄積しやすい。ほうっておけば高血圧や糖尿病など生活習慣病はもちろん、さまざまながん、さらに認知症の原因になることもわかってきた。だが、体質だからと諦めるのは早い。内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすく、普段の食事や生活習慣の改善が減量に直結するのだ。肉や炭水化物の正しい摂り方、脂肪に効く食材、効果抜群の有酸素運動などを、最新の論文をもとに解説。読むほどに内臓脂肪が落ちる新常識が満載。

コメント

Copied title and URL