word-137 みかん

みかんは脂肪吸収を抑えるといわれており、内皮は脂肪の消化酵素の働きが抑える働きがあるため、酵素の働きを抑えることは脂肪の吸収を抑え、肥満の防止につながります。
内皮といっしょにみかんを食べることにより、肥満防止が期待できダイエット効果があります。
また、みかんは脂肪を分解すると言われています。
みかんと伊予かんの内皮から抽出した液体を使って脂肪分解作用を調べたところ、内皮に含まれる成分には脂肪を分解する働きがあることがわかりました。
この働きは皮下脂肪より、生活習慣病の原因となる内臓脂肪において強く、内皮といっしょにみかんを食べると、脂肪吸収の抑制と脂肪分解のダブル効果により、肥満を解消する効果が期待できそうです。
参照:
みかん寒天ダイエット
焼きみかんダイエット

内臓脂肪を最速で減らす
  2018年4月にテレビで紹介されました

肉中心の食生活をしてきた欧米人と比べ、魚中心だった日本人は摂取した脂肪を皮下脂肪としてたくわえる能力が低く、より危険な内臓脂肪の形で蓄積しやすい。ほうっておけば高血圧や糖尿病など生活習慣病はもちろん、さまざまながん、さらに認知症の原因になることもわかってきた。だが、体質だからと諦めるのは早い。内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすく、普段の食事や生活習慣の改善が減量に直結するのだ。肉や炭水化物の正しい摂り方、脂肪に効く食材、効果抜群の有酸素運動などを、最新の論文をもとに解説。読むほどに内臓脂肪が落ちる新常識が満載。

コメント

Copied title and URL