word-114 緑茶

緑茶にはダイエット効果もあると言われています。
緑茶に含まれるカテキンが糖分を分解する酵素と結びつき、糖分の吸収を妨げます。
緑茶と糖分を一緒に摂取した場合、カテキンが糖分分解酵素と結びつくので、糖質は分解されにくくなり、カテキンには腸内の悪玉菌のみを殺菌する働きがあります。
その結果、ビフィズス菌などの善玉菌が活発に働くようになり、整腸作用が促され、ぽっこりおなかも解消できるのです。
そのため、内側からきれいな体を作ることができます。
また、食物繊維が胃の中で水分を吸収して膨らむため、食べすぎを抑えることができ、 腸内に溜まったコレステロール脂肪、老廃物などを食物繊維が吸着し、体外に排出します。
緑茶に含まれるカフェインには脂肪を燃えやすくする働きがあるため、同じ運動でも、緑茶を飲んだあとの方がカロリーの消費量が多くなると効果があります。

コメント

Copied title and URL