word-108 過食症

正しくは神経性大食症と言い、摂食障害の一つで短時間に大量の食べ物を詰め込むように食べてしまうことやその後に体重を増やさない試みとして、食べたものを吐き出す(自己誘発嘔吐)、下剤を大量に使用する、極端な食事制限や何時間にもわたる絶食をするということが、やめられない状態のことを言います。
多くの人は誤ったダイエットを行い過食症に陥ります。
食事を制限し体が飢えた状態になると、身体の防衛反応として過食衝動が起こります。
健康な人なら誰にでも起こるもので多くのダイエットがリバウンドにより失敗するのはそのためです。

コメント

Copied title and URL