word-072 遺伝子

遺伝子ダイエット 人には50種類の肥満遺伝子があります。
この中で、日本人の肥満遺伝子は β2AR β3AR UCP1 の3種類があります。
この遺伝子から基礎代謝量や体形、体質などがわかり 肥満タイプが分析できます。
このタイプによって糖分を減らして痩せるか、脂を減らして痩せるかなどの対策を検討できると思われますが、医学的な根拠はありません。

岡部正 著:「間違いだらけのダイエット」より。
世の中には甘いものや脂物のを好きなだけ食べても太らない人から、我慢してダイエットをしているのに少し食べただけですぐに太ってしまう人まで、色々な体質を持った人が存在します。
こういった個人差には色々な要因がありますが、遺伝的体質はその中でも特に影響が大きいものの一つと言えます。
日本人の場合、体の中でエネルギーを節約し、余ったエネルギーを体脂肪として体に蓄えるという体質になるための肥満遺伝子と言うものを3人に1人くらいの割合で持っていると言われています。

コメント

Copied title and URL