word-058 イソフラボン

イソフラボンとは、大豆の胚芽に多く含まれる成分の一つで、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをして、更年期障害、イライラ、のぼせ、肩こり、冷えといった更年期に見られる障害(更年期障害)の改善を図る事が出来ます。
また、イソフラボンは女性らしい体をつくるエストロゲンと同様の働きがあるため、美白作用、保湿性の向上といった肌の美容効果もあります。
ほかにも豊胸効果(バストアップ)や生理不順の改善など、女性にうれしい作用があります。
イソフラボンの摂取量は一日に40mg~50mgが理想で、豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)となります。
多めに摂取しても体外に排出されます。
効果:骨密度を上げる、美肌、バストアップ
イソフラボンを含む黒豆茶
黒豆茶にはイソブラボンが多く含まれ、骨からカルシウムが流出するのを防ぎ、補給したカルシウムを逃さないという効能があります。
カルシウムを充分摂るだけでなく、骨粗髭症の防止には骨からのカルシウム流出を防ぐことも大切なのです。
また、更年期に低下してくる女性ホルモンの作用を補い、ホルモンバランスが崩れることによって起こる更年期障害を軽減する効果をもたらします。
また、黒豆茶は乳ガンや前立腺ガンの予防、循環器系疾病の予防、美肌、血圧や血清コレステロールの低下、不妊、育毛など様々な効能があげられます。
メタボメ茶
黒豆の香ばしさがクセになる、ダイエットプーアール茶、烏龍茶、黒豆茶、杜仲茶をブレンドしたお茶です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました