word-057 アボカド

用語

果皮が、濃緑色から黒褐色に変わり果底部まで軟らかくなったら食べ頃です。
青くて固いものは換気のある室温(20~25℃)で、軟らかくなるまで追熟してください。

アボガドはノンコレステロールの不乾和脂肪酸で皮下脂肪にはならず、血液中の悪玉コレステロール値を下げる働きをします。
また、β-システロールという脂質も含まれており、コレステロールの吸収そのものを抑える効果があります。
アボガド1個でごぼう1本分相当する食物繊維が腸の働きを整え、ダイエット効果も得ることができます。
脂肪を分解するビタミンB2が豊富で、血液サラサラ効果、整腸作用、β-シトステロールの総合作用により、疲れ知らずに無理なく体脂肪を落とせる理想のダイエット食品と言われています。
アボガドにはリノール酸、リノレン酸が含まれ、アボガド半個で1日の所要量を充分摂取でき、お肌を乾燥から守ってくれるセラミドを作り、美肌効果も期待できます。
また、皮膚の健康を維持するビタミンB2ビタミンB3(ナイアシン)も豊富に含まれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました