word-033 カルニチン

脂質を筋肉に運び、うまく燃焼さそる働きがあるカルニチン。
中性脂肪と脂肪酸を燃焼させるので、体脂肪をためにくくします。
カルニチンを多く含む食品は羊肉や牛肉で、植物性食品には含まれていません。 
カルニチンはアミノ酸の一種で、体内のエネルギー生成をつかさどるミトコンドリアに脂肪酸を運ぶ働きがあります。ミトコンドリアはその脂肪酸をエネルギーに変換します。
つまりカルニチンを補うことで、効率よく脂肪酸を燃焼できるというわけです。

コメント

Copied title and URL