word-026 アルギニン

食欲抑制剤としても使われるアルギニンは、成長ホルモンのひとつです。
脂肪の代謝を助けて、筋肉組織を強くします。
筋肉は体内でカロリーを多く消費するところ。
筋肉が増えれば基礎代謝がアップし、脂質を燃焼しやすい体になります。
アルギニンを多く含む食品は、子牛肉、鶏肉、牛乳、大豆、玄米、ごまなどです。
リジン・アルギニン・アラニン・プロリンは、「脂肪燃焼アミノ酸」とよばれます。体内にはリパーゼという脂肪燃焼酵素があり、このリパーゼが脂肪を分解し血液中へと送り込んでくれます。このリパーゼの働きを活性化してくれるのが脂肪燃焼アミノ酸です。

コメント

Copied title and URL