word-019 クロロゲン酸

クロロゲン酸とは、コーヒー、赤ワインに含まれポリフェノールの1種で、苦味成分のことです。
血糖値の上昇を抑制し生活習慣病の予防に効果があると言われてます。
クロロゲン酸は、コーヒー豆に含まれていて焙煎によって含有量がかわり、深煎りすると少なくなってしまいますので、コーヒーを抽出するときには、時間をかけるとクロロゲン酸の量が増えると言われてます。

参照:
赤ワイン煮で便秘解消
ダイエットコーヒー

コメント

Copied title and URL