word-001 コーヒー

コーヒーの生豆には多糖を中心とする糖類、アミノ酸やタンパク質、脂質の他、コーヒーに含まれるポリフェノールであるクロロゲン酸、アルカロイドであるカフェイン(豆重量の1%程度)やトリゴネリン、ジテルペンであるカフェストールやカーウェオールなど、特徴的な成分が含まれています。
コーヒーを飲む事により、蓄積された脂肪 ( 中性脂肪 ) が分解されて脂肪酸として血中に放出されます。 
その脂肪酸を有効的に燃やすのが運動です。
(散歩前や運動前にとても使えます。)

実際は→運動をしないと効果が半減してしまいます。

https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/4901201119101/

コメント

Copied title and URL