qa-d87 肉を食べれば魚は食べなくていい?

Q&A

肉の脂は飽和脂肪酸、魚の脂を不飽和脂肪酸。 肉の脂は飽和脂肪酸という脂で、高温じゃないと溶けにくい性質があるので、体の中でも溶けにくい蓄積さ れやすいのが特徴です。これひ対して魚の脂は、不飽和脂肪酸という溶けやすい脂。コレステロールを抑制 したり、脳の機能を高める働きもあります。このため、魚の脂は体によいとされるのです。魚と肉はどつら かだけ食べればよい、というこてはありません。 水はダイエットに良い?

コメント

Copied title and URL