qa-d41 脂質を減らす食べ合わせ法?

★健康的にカロリーを落とす必殺食べ合わせテクニック! 
脂質の減らし方 

サラダにじゃこでカルシウムを補給。 
サラダを毎日食べていても、ドレッシングをたくさんかけて食べれば油のとり過ぎになります。 
グリーンサラダの食べ合わせでおすすめなのが、ちりめんじゃこ。 
じゃこの塩味がドレッシング代わりになり、カルシウムの補給にもなります。 
また、うまみの多いかつおぶしはしょうゆと一緒に、ポン酢や塩、こしょうだけでもいいでしょう。 

おひたしはしょうゆプラス植物油で。 
ほうれん草、春菊、小松菜など低カロリーの青菜類は、油炒めよりもおひたしにして。 
これらの野菜に多く含まれ抗酸化作用ゆもつB-カロテンの働きを高めるには、ビタミンEを含む植物油を数滴かけるのが効果的です。 

■低カロリーの里いもはしょうがやねぎと使いましょう。 
食物繊維やビタミンの供給源となるいも類。 
中でも里いもは低カロリーなので、カロリーダウンを目指すときのファーストチョイス。 
里いもは血液循環をよくし、体内にたまった老廃物をスムーズに分解・排出。 
血行や発汗を促す長ねぎやしょうがを一緒に使うと、老廃物も一掃されて体内クリーンになります。 

千切り生野菜を昆布の佃煮で食べましょう。 
塩昆布を細かく切って、千切りにした野菜を混ぜるのも、ドレッシングのいらないサラダの食べ方。 
昆布のうまみがプラスされ、淡白な野菜のおいしさが増します。 塩昆布の代わりに、昆布の佃煮を使っても良いでしょう。 

天ぷらならきのこやのりを活用しましょう。 
天ぷらが高カロリーなのは、衣がたっぷり油を吸ってしまうためです。 
どうしても衣がついた天ぷらが食べたいときは、低カロリーのきのこ類を具材にしましょう。 
また、のりの片面に衣をつけて揚げたのり天ぷらも、カロリーを抑えられます。 

■低カロリーのもやしはごま油で炒めましょう。 
100g37kalと低カロリーなもやし。 
食物繊維も多く、コレステロールの吸収を抑えるので、脂質の多い肉料理のつけ合わせにぴったりです。 
ごま油にはビタミンEも多く、もやしのビタミンCとの相乗効果で抗酸化作用が高まります。 

皮付き鶏肉は乳製品におまかせ。 
脂質の代謝を促進するビタミンB2は肥満防止のビタミン。 
皮付き5鶏肉など脂肪が気になる食品は、ヨーグルトや牛乳などビタミンB2を多く含む食品と一緒にとることで気になる脂質代謝もスムーズになります。

コメント

Copied title and URL