qa-d36 一度はやってみたいダイエットは?

★一度は効果を試してみたい!ダイエット 

スキムミルクカロリー低くてカルシウム豊富。 
生乳から乳脂肪と水分を取り除いて、粉末状にしたスキムミルクは、カルシウムを多く含み、カロリーは牛 乳の1/3です。 
料理やデザート作りで牛乳を使うとき、スキムミルクに代えるだけでダイエット効果倍増です。 


ヨーグルトの乳酸菌が体重減少に活躍します。 
生乳に乳酸菌を加えて発酵させたヨーグルト。 
発酵の過程で牛乳のカルシウムが乳酸と結びつき、カルシウムがより吸収しやすくなるから、脂肪の分解も進みます。 デザートに、1日200g食べると良いでしょう。 

寒天食物繊維は食品のトップクラス! 
水分を吸収して体積を増やす寒天は、腹持ちもよく、食物繊維は食品の中でトップの含有量。 
しかもノンカロリーです。 ダイエット中なら、ゼリーにしたり、ご飯に混ぜたりして利用しましょう。 

寒天が楽に毎日食べられる寒天ご飯! 
寒天を毎日食べるのは大変でも、ご飯に粉寒天を入れて炊くだけで、自然とカロリーダウン食ができます。 
ツヤツヤとしたもち米のような食感が楽しめます。 
①洗った米に粉寒天を米1合に対して粉寒天2gを加える。
②粉寒天をよく混ぜて、いつものように炊く。 

黒酢、玄米酢アミノ酸が代謝を促進します。 
玄米と麹を原料として作られる黒酢、玄米酢は、普通の米酢よりアミノ酸の量が膨大。 
エネルギー代謝を活発にする働きに効果を発揮します。 毎日少量飲むか、料理に使いましょう。 

黒豆に秘められたダイエット成分。 
黒豆の皮に含まれるポリフェノールの一種であるシアニジンは、血液をさらさらにし、脂肪の吸収を抑え、脂肪の排出も促進する優れた成分です。煮 
豆で食べてもいいのですが、熱に弱いので煮汁を飲めば少量でも効果大。 
5時間ほど水に浸した黒豆を中火で沸騰させないよう5分間アクをすくいながら煮て、網などでこせば完成です。 1日黒豆30gの煮汁が目安です。 

■コリアンダー、玉ねぎでデトックス! 
体に溜め込んでしまった有害物質を解毒し排出してくれるデトックス食材です。 
体の機能を正常にし、新陳代謝を上げることで、ダイエットにも医療を発揮します。 
特に効果的な食材は、体に溜まったヒ素を排出してくれるコリアンダー。血液さらさら代表野菜の玉ねぎやにんにく、にらなどの香味素材含まれています。 

毒出しジュースで体をリセット! 
デトックス効果大のジュースの作り方をご紹介します。 
◇水・1リットルに対して
◇ペパーミントのティーバック・2個
◇レモン果汁・大さじ4
◇しょうが・小さじ1杯半

これらを混ぜ合わせて、オリゴ糖を適量入れて出来上がりです。 
1日1リットル、何回かに分けて飲むと効果的です。 ペパーミントをはじめ、消化促進、発汗作用の高い成分の濃縮ジュースです。 

豆乳バナナジュースで代謝も上がり、満腹感も得ることができます。

豆乳クッキーダイエット


エネルギー消費を高めて、肥満を防止する大豆たんぱくと、腹持ちがよくて食物繊維も豊富なバナナをミキサーにかけた豆乳バナナジュースは、低カロリーで栄養価もたっぷりです。
バナナ1本に豆乳100ml”、1日夕食前に1~2杯飲むのがベストです。 

テンペが体を若返らせる! 
大豆を煮て蒸したものに、白カビの一種、テンペ菌を混ぜ、発酵させたのがテンペです。 
大豆同士がくっつき、ケーキのような形のインドネシア発祥の大豆加工食材です。 
味噌汁15杯分のイソフラボンを含み、ホルモンのバランスを整えながら、便秘の解消にも絶大な効果があります。 
納豆のような匂いはなく、さっと焼いて食べでも、生のスライスをしょうゆで刺身のようにしておいしくいただけます。 

スキムミルクヨーグルトの作り方! 
カルシウム、乳酸菌、乳糖と3つの成分が強力に組み合わさったスキムミルクヨーグルトは、やせやすい腸を作る強力食材。 
雑菌が入らないようスプーンや容器など、すべての使用器具を熱湯消毒して作りましょう。 
①ボウルにヨーグルト500gにスキムミルク大さじ3を入れる
②手早く混ぜる
③容器に入れて室内で12時間発酵 

■厚手の鍋を使う玄米の炊き方! 
ビタミンB群、食物繊維が豊富な玄米は厚手の鍋で炊くとおいしく炊けます。 
①玄米をよく洗い、30分ほど水につける。
②厚手の鍋に玄米、玄米の2倍の水、塩をひとつまみ入れて、30分おく。
③強火で沸騰したら弱火にして40分炊く。
④火を止めて10分蒸らす。

コメント

Copied title and URL