qa-d34 脂質を貯める食事?

★脂質がたまるNG 食 

■天ぷらのあとの甘いデザートは太るもと。 
脂質と砂糖を同時にとることが肥満の大きな原因です。 
同じ量の脂質と砂糖をとる場合、同時よりも別々でとったほうが、体脂肪の蓄積が少ないことがわかっています。 
例えば、天ぷらのあとに砂糖を使った甘いデザートを食べるというのは、脂質と砂糖を一緒にとっているのと同じことです。 
だから、避けるのが得策です。 
ちなみに、アイスクリームの天ぷらも太る組み合わせです。 

■ステーキにはゆで野菜を付け合わせ。 
油やバターを使った料理を同時に食べれば、カロリーのとり過ぎにもつながります。 
例えば、ステーキの付け合わせには、温野菜か野菜スープがベスト。 
温野菜はドレッシングなどかけず、また、スープは塩、こしょうで味付けしたものがいいでしょう。 バターをたっぷりきかせた野菜ソテーは、ステーキ脂とバターの脂で脂質のダブル摂取となるので、避けたい組み合わせです。 

■ハンバーガーはお茶と一緒がベスト! 
アメリカでは肥満が大きな問題となっていますが、肥満の大きな要因として指摘されているのが、ハンバーガーと糖分の多い炭酸飲料の組み合わせです。 
脂質と砂糖を同時に摂取すると、体脂肪率や体脂肪量の増え方が大きくなって肥満の道へ。 
ハンバーガーを食べるときは、お茶などのノンカロリードリンクをとら、太る原因を作らないようにしましょう。 

■フライドチキンにはポテトではなくサラダを食べましょう。 
子供の好物といえるフライドチキン。 
鶏肉は肉の中ではカロリーが低いとはいえ、フライにすれば油が吸収されるので高カロリー食品になります。 
フライドチキンの付け合わせに多いのがフライドポテトですが、この組み合わせも油と油。 フライドポテトの代わりに、野菜たっぷりのサラダのドレッシングはごく少量にする、あるいはノンオイルドレッシングにすれば、さらにカロリーを減らせます。 

■カレーライスのご飯にバターライスは避けたい組み合わせです。 
カレールーの脂質kバターの脂質がプラスされることになります。 
白米に代えて食べるようにしましょう。 

■具だくさんサンドにはからしをたっぷりと。 
具だくさんのクラブハウスサンドを食べるときに心がけたいのが、からしをたっぷりとつけること。 
からしの辛味成分であるシニグリンが、脂質の代謝を促すビタミンB2の働きを助けます。 
具材のベーコンや鶏肉に含まれる脂質に効果的。 
シニグリンはわさびにも含まれます。 

■とんカツには豆腐の味噌汁を。 
高カロリーのとんカツに添えるなら、低カロリー食材を使ったわかめや豆腐の味噌汁を。 
具材はきのこや大根でもかまいません。 
豚肉や野菜が入った豚汁はNG。豚肉が入っているので脂と脂の食べ合わせになります。 

■野菜サンドにはこしょうをかけましょう。 
野菜サンドは低カロリーと思うのは間違いです。 
マヨネーズが使われているので、1人分約400kalもあります。 
野菜サンドを食べるときはこしょうをかけましょう。 こしょうの辛味成分が脂質の代謝をバックアップしてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました