qa-d29 上手な水の取り方は?

Q&A

痩せ効果につながる上手な水分の取り方 

■水にもダイエット効果が1日2リットルは取るようにしましょう。 
体の約60%は水で、血液も水分です。 
水分補給は血行をよくし、発刊作用や利尿作用を高め、老廃物の排出にも不可欠です。 
体の働きを円滑に保つためにも、1日1.5リットル~2リットルは水を飲んだ方がいいですね。 

ミネラル豊富な硬水がオススメです。 
カルシウムとマグネシウムの含有量が少ないのが軟水。 
逆に多いのが硬水です。 硬水は口当たりが重く硬い味わいで、軟水を飲み慣れている日本人には、少々クセがあると感じるかもしれません。 
ダイエットに硬水がいいのは、ミネラル類の不足を補えることと、ミネラルが胃腸を刺激して便通がよくなるからです。 
また、ミネラルの多い水は軟水に比べて空腹感を抑えられるといわれています。 
ミネラル水売れ筋ランキング 
■ジュースよりもノンカロリーのお茶を飲みましょう。 
ジュース類は糖分があるので、たくさんとる場合は不向きです。 
カロリーのないお茶がベスト。 玉露や煎茶や紅茶にはわずかながらカロリーがありますが、番茶、ほうじ茶、玄米茶、ウーロン茶はカロリーは有りません。 
ビタミンCが豊富なのは玉露。 
また、煎茶、番茶、玄米茶にもビタミンCは含まれます。 
毎日飲むお茶で喉も潤い、栄養がとれるなら一挙両得ですね。 

■スポーツドリンクはとるように注意しましょう。 
発汗によって不足するミネラルを補えるとして、スポーツなど活動時の水分補給源にスポーツドリンクが人気です。 
でも、スポーツドリンクには、糖分も多く含まれているのでお茶代わりに飲むのはおすすめできません。 
とる量に気をつけたい飲み物です。 

■水分をとるなら温かい飲み物で。 
温かい飲み物を飲むと、体の芯からポカポカし、気分的にもほっとするもの。 
リラックス効果もあるので、ダイエット中のストレスも緩和できます。 
逆に、冷たい飲み物は体を冷やします。 冷たい食事より温かい食事のほうが体のエネルギー消費が高まるように、飲み物もそれは同じです。 
夏も温かい飲み物をとるほうが、冷え対策になります。 

■お茶を飲むならティータイムに。 
お茶の苦味成分のタンニンには、鉄分の吸収を邪魔する働きがあります。 
食前食後のお茶は、食事からとる鉄分の吸収率を抑えることにもつながります。 

■果物をとるなら水分の多いすいか。 
果物の中でも水分が多いすいかは、夏の水分補給源に適しています。 
カリウムが多いので利尿効果も高く、すいかを食べたらトイレの前で眠れといわれるほど。 
老廃物の排出もスムーズになります。 
利尿作用は果肉よりも皮のほうが高いといわれます。 すいかはよく冷やして食べると食感もよくなり、甘みも増やします。 

■野菜をたっぷりとり水代謝のいい体に。 
カリウムとナトリウムがバランスよく存在することで、体の水分の量や濃度は一定に保たれています。 
このバランスが崩れると、体内に余分な水分がたまり、水太りの原因にもなります。 
水分の排出がスムーズにできないこともダイエットの失敗につながります。 
そのために大切なのが、カリウムの摂取を心がけること。 
カリウムは野菜に多く含まれます。 
健康維持の面からも、厚生労働省では1日350gの野菜を摂取をすすめています。 

■食後のデザートにバナナやアボカドも。 
水分はとることも大切ですが、体外へ上手に排出させることも大切です。 
そんな働きをバックアップするのが、利尿作用のあるカリウムには、塩分を排出し血圧を安定させるという健康効果もあります。 
カリウムの供給源となるのが果物です。 
カリウム豊富なバナナやアボカドを食後のデザートに。 


■水にレモン汁を加えて代謝活性化ドリンクに。 
レモンやグレープフルーツなど柑橘類に多く含まれるクエン酸は酸っぱさのもとになる成分で、代謝を高め る働きをサポートします。 
水を飲むときにレモン汁を少々加えると、代謝効果も高まります。 
クエン酸は梅干しや酢にも含まれます。 クエン酸は疲れの原因となる乳酸を分解してくれるので、疲労回復効果もあります。

コメント

Copied title and URL