how2-218 シャングリラ・ダイエット

シャングリラ・ダイエットとは、アメリカ・カリフォルニア大学の心理学教授セス・ロバーツ氏が開発したダイエット法で、食間に無味無臭の食材、油または砂糖を摂取し、脳に満足感を与えて無理なく食欲をコントロールするというものです。

実践ルールは、

①砂糖水(上白糖やグラニュー糖)か風味の薄い油(しそ油やキャノーラ油)を1日に100~400kcal分摂取することで、落としたい体重が9kg以下の場合、砂糖なら大さじ4と少々、油なら大さじ1と半分。
好みにより砂糖か油一方だけでも大丈夫です。

②食前食後1時間以上あけて砂糖か油をとることです。

上記の量を1日数回に分けてとりたい場合は、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、夕食から寝るまでの間で摂取しましょう。
食事や間食と一緒にとる事はいけません。

コメント

Copied title and URL