how2-148 後ろ歩きダイエット

後ろ歩きをすると普段使わないももの内側の筋肉やお尻の筋肉を刺激でき脂肪を減らすことができます。
筋肉の刺激と燃焼効率がよく、後ろ歩き10分でウォーキング20分程に相当します。
普段と逆の動作をすることにより筋肉のバランスが保たれ、弱っている部分の筋肉を強化し、眠っている筋肉を呼び覚ますことができます。
身体に歪みがあると後ろ歩きをしたときに左右どちらかに曲がってしまいますが、めげずに後ろ歩きをし続けてみてください。

コメント

Copied title and URL