売れているエゴマ油

用語集

エゴマ油とは、「エゴマ」という植物の種子から絞られる油のことです。
ダイエット効果が高いということで、注目を浴びています。
必須不緩和脂肪酸のアルファ・リノレン酸という成分が含まれており、アルファ・リノレン酸は体内の不要な油を分解し、脂肪をたまりにくくする働きをしますが体内では作ることのできない成分なので、食品からとる必要があります。
この他にも、 ビタミンB1 、ビタミンB2、カルシウム、たんぱく質を豊富に含んでいます。
エゴマ油に含まれる、アルファ・リノレン酸は体内の脂肪を燃焼させる成分により、ダイエット効果が期待されています。油なのに痩せられるということです。

エゴマ油に含まれる主な成分

オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)

体内で合成することが出来ない必須脂肪酸のひとつとされていて、肥満や動脈硬化の予防、アレルギー症状の緩和に効果的と言われている成分です。
摂取すると体内でエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)に変わります。
αリノレン酸が多く含まれている食品は、エゴマ油(シソ油)、亜麻仁油などがありますが、植物油の中でトップクラスの含有量です。

オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)の効果

血液をサラサラにする
血液をサラサラにする働きがあり、血液中の中性脂肪やLDLコレステロールを下げ、動脈硬化や心筋梗塞などの予防効果
炎症を抑える
炎症を抑える働きがあり、関節炎やアレルギーなどの改善効果
認知症の予防
 脳の血流を改善する働きがあります。そのため、認知症の予防効果
認知症の予防
脳の血流を改善する働きがあります。そのため、認知症の予防効果

ビタミンE

美肌効果
抗酸化作用によって肌の老化を防ぐ働きがあります。そのため、美肌効果が期待できます。

ビタミンC

ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄分など)

これらの効果で、ダイエットに効果があると思われています。

エゴマ油はなぜ高い?


エゴマ油が高い理由は、以下のとおりです。

  • 生産量が少ない

エゴマは、日本原産の植物ですが、主な産地は北海道です。エゴマは、比較的栽培が容易な植物ですが、収穫量は少ないため、価格が高騰する傾向にあります。

  • 加工コストが高い

エゴマ油は、エゴマの種子から圧搾して作られます。エゴマの種子は、小さく、殻が硬いため、圧搾に手間がかかります。また、エゴマ油は、酸化しやすいため、酸化を防ぐための加工コストもかかります。

  • 健康効果が期待される

エゴマ油には、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにする、炎症を抑える、認知症の予防に効果的であると期待されています。そのため、健康志向の人々から人気が高まっており、需要が高まっていることも価格の高騰につながっています。

具体的には、エゴマ油の価格は、100mlあたり1,000円前後が相場となっています。これは、オリーブオイルやアマニ油などの他の植物油と比べても、かなり高い価格です。

高いだけの価値があり、ネットで購入できます

 売れ筋ランキングはこちら

レビューが多い売れすぎ商品は下記

[Amazonブランド] SOLIMO日清オイリオ 有機えごま油 フレッシュキープボトル 320g
Amazonと日清オイリオが共同企画した「SOLIMO 日清有機えごま油油320gフレッシュキープボトル」は 小さじ1杯で、1日分のオメガ3が摂取できます。オメガ3(α-リノレン酸)は、体内で作ることが出来ない必須脂肪酸の一つなので、毎日の食事から摂取する必要があります。1日あたりの摂取目安量としては、1.6g~2.4g(厚生労働省日本人の食事摂取基準2015年版)と言われており、SOLIMO日清有機えごま油では小さじ1杯(4.6g)で1日分のオメガ3を摂ることが出来ます。 限定農園で有機栽培されたえごま油のみを使用しています。油は、非常に酸化しやすい性質がある為、熱や光を避けて管理することが望ましいとされています。そこで、「フレッシュキープボトル」を用いることで、開封後の酸化を防ぎ、欲しい分だけピタッと止まって液ダレもしにくいです。

口コミには下記の記述がありましたので参考にしてください

・朝摂ったら1日めっちゃ元気になって衝撃でした。。。一生定期便で毎月買います!!
それくらいの価値ありますのでまだ試してない方は一度試してみて下さい^_^

・エゴマの、、、(ド忘れしましたが)成分が、アマニ油より濃度が高いそうなので、こちらに切り替えました。カフェオレなどに入れて、いわゆる最強コーヒーの代替えとして飲用しています。臭みはないです

・味や香りは特にないけれど脳梗塞の後なのでサプリメントとして朝のサラダや味噌汁に垂らしています。血管に良いと信じたい。