コレステロール (Word-110)

コレステロールとは、脂質の一種で食事により摂取されるものと、体内で合成されるものがあります。
一般にコレステロールというとダイエットや生活習慣における悪者と認識されがちですが、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの二種類があり、悪影響を及ぼすのは悪玉コレステロールです。
善玉コレステロール(HDL)は血管に付着した悪玉コレステロールを除去し肝臓に運ぶ働きをし、悪玉コレステロール(LDL)は食物から取り入れられたり肝臓で合成されて血液中を通って全身に運ばれ、細胞膜やホルモンの合成に使われますが、LDLコレステロールが基準値より多い場合、動脈硬化などを誘発する危険性があります。