ヨーグルトは食前に食べるべき!?

QA

食前がいいと言われていますが、本当でしょうか?

人は小腸から栄養を吸収しますが、小腸には「栄養を吸収する為の穴」があります。

ヨーグルトは この「栄養を吸収する為の穴」の動きを活発にする機能があります。
食前にヨーグルトを食べておくと、動きが活発になります。
必要な栄養を吸収し終わったら、「小腸の穴が閉じて余分な栄養を吸収しない」ようになります。

ですから、

デザートとして食べるのではなく、食前に食べた方がダイエットに効果がありますと言われていますが 実際は・・・

食前に食べる場合

ヨーグルトに含まれるカルシウムは、食前に摂取することで吸収率が上がります。カルシウムは、骨や歯を強くするだけでなく、筋肉の収縮や神経伝達にも重要な栄養素です。食前にヨーグルトを摂取することで、骨粗しょう症や骨折のリスクを減らしたり、筋力の低下を予防したりすることができます。

また、ヨーグルトの酸味は、食欲を増進させる効果があります。食前にヨーグルトを食べることによって、食事の量を増やすことができ、栄養バランスの良い食事ができるようになります。
骨粗しょう症や骨折のリスクを減らしたい場合、筋力の低下を予防したい場合、食欲を増進させたい場合は、食前にヨーグルトを摂取するのがおすすめです。

食後に食べる場合

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、腸内環境を整える効果があります。食後にヨーグルトを食べることによって、乳酸菌やビフィズス菌を生きたまま腸に届けることができ、便秘の解消や免疫力の向上につながります。

また、ヨーグルトは消化に良い食品です。食後にヨーグルトを食べることによって、胃腸への負担を軽減し、食後の不快感を抑えることができます。
便秘の解消や免疫力の向上、胃腸への負担を軽減したい場合は、食後にヨーグルトを摂取するのがおすすめです。

どちらがおすすめ?

このように、ヨーグルトは食前と食後に食べるタイミングによって、それぞれ異なる効果が期待できます。

食前に食べると、食事の量を増やすことができ、栄養バランスの良い食事ができる

食後に食べると、胃腸への負担を軽減し、食後の不快感を抑える事ができます
便秘が原因で痩せない人は食後がいいんですね。

どちらのタイミングがおすすめかは、個人の目的やライフスタイルによって異なります。